京都賀茂川漁業協同組合

16/7/31(日)昨日は雲ヶ畑で娘と一緒に釣って来ました!

区間・蛍谷キャンプ場〜三原組下流
時間・11時〜15時
寸法・8センチ〜15センチ
数 ・20匹

リアユスタートで3匹釣ってから、友釣りにチェンジして、どちらも釣れるのですが、小さいです(-_-;)

しかし良く見ると群れの中には15センチクラスはそこそこ見えており、黄色い鮎も沢山居るのですが、今年はやはり極端にアカの付きが悪く、大きくならないのも、縄張り鮎がイマイチ少ないのも、アカ付きが悪いのが原因ではと思います(ToT)

今日は上桂川の支流の細野川に行ったのですが、こちらもアカ付きが悪く、細野川沿いにある、割烹河合さんとアカ付きの事を話していると、今年は例年と比べてかなり寒い(特に夜)のがアカ付きの悪い原因ではと言っておられました!

早く良いアカが付いて、大きく喧嘩好きの鮎に育ってくれ〜と思うのですが、明日からは8月で、上流域の網解禁の8月28日まで、残すところ1月足らずとなっており、大きく育つには期間が短すぎると思います(ToT)

出町より下流は8月14日が網解禁となっており、せっかく遅くまで釣りを楽しめる海産遡上鮎が沢山居るところで、こんなに早く網を解禁してしますのは如何なものかと思いますので、来年はもっともっと網解禁を遅らせる(個人的には10月中旬)方向で検討したいと思います(^o^)

どなたかアカ付きが悪いのが何故かの、専門的な見解が有れば、参考にしたいので、お聞かせください!
16/7/26(火)渇水気味になってきた所に、今日は恵みの雨ですね♪

上流では良い感じの水量だったのてすが、下流は広く、変化に乏しいため、水位が下がると途端に高水温・低活性になってしまいますので、超渇水になる前の良いタイミングで降ってくれました。

水の引き際では良い釣りが出来る可能性が有るので、都合が付けば状況調査に下流まで出向いてみたいと思います(^o^)v

写真はいつもの柊野ダムと、十条の橋から上流向きに撮ったものです。
16/7/23(土)今日の叡山電鉄夏祭りの、金魚掴みも盛況に終えることが出来ました\(^o^)/

ぼくの密かな楽しみは、ちょっと性悪ですが、子供が沢山取り過ぎて困っている親の反応を見る事です(笑)

金魚掴みは13時からで、10時過ぎに現地入りしたのですが、現場を見ても大した準備が必要なかったので、ちょっとだけリアユ&友釣りをしてみました。

八瀬のあざみの大将が、鮎がおらん、誰が来ても全く釣れてないと言うので、橋の上から見れば、そこら中に鮎の姿は見えており、中には18センチを超える鮎が、縄張りを持って、他の鮎を追いかけ回す姿もあり、これで釣れん、見えんとはどーゆー事やと思いながらスタート!

結果はリアユで3匹バラシ、2匹ゲット、友釣りで1匹ゲットでタイムオーバーとなりましたが、大きいのは17センチ程のが釣れました♪

雲ヶ畑や、下流の情報は入っているのですが、
八瀬の情報はほとんど入っておりませんが、今行けば、かなりイージーな釣りが出来るはずなので、是非チャレンジしてください!

誰も行かなければ、近々僕(組合長)が行って釣っちゃいます(^o^)

高野川での釣果情報有ればお聞かせくださいm(__)m
16/7/23(土)
16/7/23(土)
16/7/23(土)
16/7/21(木)昨日は、つり人社さんが、鴨川まで取材に来てくださいました!

友釣りの取材で、上流は雲ヶ畑〜下流は団栗橋と七条での実釣を撮影し、来年の鮎雑誌に掲載していただきます(^o^)

今回全ての場所で釣果があり、天気も良く、良い取材になったのではと思います♪

来年が楽しみですね(*^^*)

そして今日のAM 2時から関テレで、7月4日に撮影した、横山由依ちゃん主演の、京都いろどり日記が放送されました。

撮影日は、水加減も良く、釣り自体初めてと言う由依ちゃんにも、竿を持って5分足らずで釣らせてあげる事が出来、放送内容もなかなか楽しいものとなっておりました\(^o^)/

明後日23日は、八瀬駅前で、叡山電鉄さん主催の夏祭りが開催されるのですが、いつもの様に、日本釣振興会さんと一緒に、金魚掴みを行いますので、是非遊びに来てください♪
16/7/21(木)
16/7/21(木)
16/7/21(木)
16/7/20(水)先日の金魚掴み大会は、子供360人程の参加があり、大盛況でした\(^o^)/

昨日は夕方より、蛍谷キャンプ場で、つりチケ用の鮎ルアー釣り撮影があり、良い撮影が出来た様です。

自分でも少しだけ釣って、1匹だけですが15センチ程の美鮎が釣れました♪

そして7月4日に撮影されたものが、明日21日のAM2時〜3時関西テレビの、京都いろどり日記で放送されますのでご覧ください(^o^)v
16/7/20(水)
16/7/20(水)
16/7/14(木)夜中に降った影響で、濁り増水共に少し有りますが、釣りが出来ない程ではありません!

写真は雲ヶ畑の少し下流で撮ったのですが、手前のアカ付きの良いところには、先日放流した遡上鮎と思われる小型の鮎が群れで腹を返しておりました(^o^)

今日はどちらかと言えば、渓流の方がお薦めです♪
16/7/10(日)今日は朝と夕方久しぶりに雲ヶ畑で釣りました!

何故朝夕かと言うと、昼過ぎより、鴨川生きもの観察&水質調査に参加したからです♪

このイベントは、京都府河川課さんと京都土木事務所さんが、毎年開催されており、子供たちを中心に、タモ網等で色々な生き物を捕まえ、観察(調査)してから再放流と言う流れですが、もちろん大物は狙えませんので、僕も参加し、投網で大型のコイ・フナ・ナマズや、外来魚のブラックバス等を取って見せる為に参加しました(^o^)

今日捕れたのはコイだけで、他の大型魚は捕獲出来ませんでした(^_^;)

参加者の子供の中には投網を打てる子供もおり、今の水辺には近付いてはいけないと言う教育の中でも、たくましく自然とふれあい育つ子達との交流は、いつも楽しい過ごさせて貰えます(*^^*)

お知らせも兼ねますが、次回7月18日(月祝)公益財団法人日本釣振興会さん主催の、上賀茂神社出てすぐの、明神川で行われる金魚掴み大会も、沢山の子供たちに囲まれる楽しいイベントの1つです♪

こちらも賀茂川漁協から多数お手伝いに行きますので、沢山のご参加お待ちしております\(^o^)/

最後に本日の釣果報告です!

まず初めに、ズバリ釣れます!

上村組裏
9時30分〜11時50分
12センチ〜15センチ
21匹

アカ着きもそこそこ良く初期、もしくは僕が個人的に放流したと思われる真っ黄色の鮎が飛び付いて来、5日に放流した遡上鮎と思われる鮎は2匹だけでした。

三原組裏
17時40分〜19時
13センチ〜16センチ
10匹

アカ着きはイマイチですが、アカ着きが良く、石の色が良い場所ではほぼ反応があり、もう少し早い時間に釣れば、型・数共に伸びそうな感じです。

今日釣った全体的な印象としては、5日放流の鮎は一面におり、以前より居る鮎は、数が増えた事により、少ない餌場を守るために、追い気が強まっている様に思います!

2ヵ所ともに、リアユでスタートしましたが、1匹目を釣るのに5分と掛かっておらず、白く小さい鮎でも良く、数を狙うなら流れの緩い石裏のヨレや、深みを狙うと良いのでは!

型も伸ばし、友釣りらしい釣をしたいなら、アカ着きと、水当たりの良い場所を狙うと面白い釣りが出来ると思います!

解禁から今まで伸び悩んでいたので、今年はダメだと思っておられる方も居ると思いますが、鮎は渓流魚と違い、解禁コケても中盤から良くなる何ての普通の事なので、いよいよ本番って感じの友釣りをお楽しみ下さい(^o^)v
16/7/10(日)
16/7/10(日)
16/7/10(日)
16/7/10(日)
16/7/10(日)
16/7/9(土)本日の友釣りは不可!

30センチ程の増水ですが、それなりに濁りが入っております。

これから天気は回復に向かう様なので、明日は釣りになる可能性はあります♪
16/7/8(金)今日は、7月23日(土)に開催される、八瀬えいでん夏祭りの打ち合わせに行ってきました!

漁協として、公益財団法人日本釣振興会と共同で、金魚掴みを行うのと、単独でも鮎の塩焼きや、空揚げ等も考えているのですが、食品衛生等の問題もあるので、現在検討中です(^_^;)

7月23日(土)は是非八瀬駅前に遊びに来てください♪

そして、鮎の追加放流の、詳しい情報を乗せるの忘れてましたm(__)m

放流場所・放流量
高野川(林組・アーバン前)各10キロ、八瀬駅前30キロ

賀茂川雲ヶ畑、取水堰堤100キロ、蛍谷キャンプ場50キロ

合計
200キロです♪

小型の群れ鮎も、ルアーではよく掛かるので、是非チャレンジしてください\(^o^)/
16/7/7(木)遅くなりましたが、昨日無事に追加放流完了致しました!

今回の鮎は琵琶湖産遡上鮎で、平均5.1グラムとかなり小型で、冷水病に掛かっているのも居るのですが、大半の鮎は放流直後には元気に上流に向かって姿を消して行きました(^o^)

中には15センチ程の、少し追い星が付いているのも混ざっていたので1週間もしない内に掛かり始めると思います!
16/7/7(木)
16/7/5(火)本日の報知杯、上桂川予選の結果ですが、例年通り1回戦通過、2回戦敗退となり、全国大会の切符を手にすることは出来ませんでした(^_^;)

もっともっと腕を磨かねばなりませんね♪

そして明日は予定通り朝から鮎の追加放流を行います!

事務所は閉める事になりますのでよろしくお願いしますm(__)m
16/7/4(月)今日は撮影のお手伝いの為に、朝から団栗橋に出向きました!
撮影に関してはネタバレ禁止なので、放送日時等分かりましたらお知らせします(^o^)

撮影までしばらく時間があったので、仏光寺のまっ平らな瀬に石を置いて少し変化を付ける作業をしたのですが、大きい石が殆ど見当たらず、4ヵ所しか作ることが出来ませんでした(-_-;)

少しの変化しか有りませんが、これでもまっ平らよりは数倍マシだと思います!

四条堰堤下では、団栗のボス・伊野さんが撮影中の1時間足らずで17センチ〜19センチを6匹釣られ、下流の状況が良くなって来ているのも、目の当たりに出来ました\(^o^)/

昨日の七条より下流の網解禁も順調だった様ですが、チビが多すぎて困ると、何とも贅沢な愚痴をこぼされておりました(^_^;)

明日は報知杯上桂川予選出場の為、漁協事務所はお休みとなりますので、よろしくお願いいたしますm(__)m

そして、遅くなりましたが、明後日(水)に鮎の追加放流が決行です♪

今回の追加放流は琵琶湖産の遡上鮎200キロで、当初の予定では下流100キロ・上流100キロの予定したが、現状を見て打ち合わせをした結果、状況が悪い上流、雲ヶ畑に150キロ、高野川八瀬地区に50キロ、下流は遡上鮎が一面に居るので、これ以上の放流は必要は無いと言う事で纏まりましたので、上流域での状況が改善するのを楽しみにしておいて下さい(^o^)v

伊野さんの引き抜き動画はいつも通りFacebookにアップしてあります♪
16/7/4(月)
16/7/1(金)ここ最近増水続きと、僕自身は毎日上桂川さんにお邪魔しているのとで、なかなか賀茂川の情報発信が出来ておらず、申し訳ありませんm(__)m

上流に入っておられる方は高齢者が多く、足で稼ぐのが難しいのか、ベテランでも数型共に、ほとんど出ておりません(-_-;)

下流では、18センチクラスがぼちぼち釣れ始めてはいるものの、小型の鮎が沢山おり、良型を揃えるのが難しい状況となっております。

しかし今から数日雨予報は出ておらず、気温も高目な感じですので状況は好転するのではと期待しております(^_^;)

そんな中、3日ほど前に、七条大橋西詰にある永塚釣具店から、七条堰堤の下に真っ黒になって底が見えへん程鮎が居るよとの電話を頂き、本日鮎の配達を終えた後、17時頃から七条に行って来たのですが、堰堤直下に歩けば踏むほど(リアルに2匹踏んでしまいました)おり、どんどん遡上しておりました(^o^)

しかし今まで溜まった事のなかった鮎が、これほど溜まってしまったのは、今春、京都府土木の手によって改悪された堰堤の影響である事は言うまでもありません(-_-#)

それはさておき、見に行く=釣る!
ですよね♪

しかし余りにも沢山居るので、タモ網で掬えるのではと思い、釣りに使う袋ダモ(水を溜める袋付き)で、水の抵抗が多く、本来なかなか取れないのですが、それでも掬ってみると、2匹入り、大きい方は15センチ程有りました(^o^)

遡上している鮎は、追い星も無い白い鮎ばかりなので、黄色の縄張り鮎が居るのか確認のため、先ずはリアユでスタート、10分程で白い鮎3匹取れたので、その鮎で友釣りスタートし、早瀬の変化のある所に入れると、ガツンと来て16センチ程の黄色い縄張り鮎が掛かり、その後も白いのも黄色いのも掛けたのですが、最後には22.4センチの良型を含む、11匹を釣りで仕留める事が出来ました\(^o^)/

このタイミングでこのサイズが居るのなら、今年こそは尺鮎との出会いがあるのではと期待してしまいます♪

七条〜勧進橋の区間では、7月3日(日)より網の解禁となってしまいますが、網をやる人はそれほど多く無いので、今年も秋までしっかりと鮎釣りが楽しめそうです!

鮎ルアーでも簡単に釣れると思いますので、是非チャレンジしてみて下さい(^o^)v

遡上動画はFacebookにアップしますので、ご覧ください♪
16/7/1(金)
16/7/1(金)

京都賀茂川漁業協同組合

京都市北区西賀茂下庄田町4-10

TEL 075-495-3112

Copyright (c) 京都賀茂川漁業協同組合 All rights reserved. S

京都賀茂川漁業協同組合

京都市北区西賀茂下庄田町4-10

TEL 075-495-3112

本日昨日

Copyright (c) 京都賀茂川漁業協同組合 All rights reserved. S