京都賀茂川漁業協同組合

賀茂川

川日記

16/9/25(日) 本日は七条まで出撃です!

まずは投網を堰堤に投げてのオトリ取りで、3投目で2匹掛かり取り込んだものの、他の魚を外しているときにタモの中からジャンプして1匹はさようなら(ToT)/

取り敢えず1匹だけでもオトリは確保出来たので、14時30分頃に友釣りスタート!

堰堤近くから釣り下り、開始30分程で4匹釣れたのですが、塩小路手前から九条手前まで全く反応なし!

17時になったので、終了しましたが、しっかり残りアカを狙い撃ちにしたのに堰堤付近より下流で掛からなかったのは何故でしょう?

やっぱり腕ですよねぇ〜(^_^;)

四条付近と比べれば群れ鮎は全く見えず、明らかに数は少ないのですが、もう少し掛かっても良さそうに思います(-_-;)

今日は七条に行く時に北山付近からずっと土手を下って行き、立派な鯉を釣り上げて居る子がおり写真を撮らせてもらい、出町柳ではいつも網打ちをしている方々が鮎をアテに河原で宴会をされていたので今日取れた鮎(60匹超え)を見せてもらいここでも写真♪

ずっと様子を見ながら下りたのですが、出雲路橋下流の堰堤より下にはしっかりと鮎の姿が有ったので、今年の鴨川では出町より上流の堰堤に有る魚道を上り、出雲路手前まで上ったのではと思いますので、近々取ってDNA 解析に回して見ようと思います\(^o^)/

仏光寺から木屋町通りに出たのですが、出町柳〜仏光寺の間では残りアカがあり、石の色が良い所ではほぼ鮎の姿が見える状況なので、全体的にアカが付く前の方が、友釣りでは狙いやすいかも分かりませんね♪

明日は午前中八瀬地区の河川清掃に参加して、午後からは内水面振興に向けた勉強会と言うのが開催され、その中で僕が鮎ルアーについて15分程話すことになっているのですが、いまだに何を話すか余り考えておりません(^_^;)

質疑応答形式は割りと得意と思いますが、単独での講演は全くダメなのですが、その内慣れると思って今回も何かしら喋って乗り切って来ます(笑)
16/9/25(日) 
16/9/25(日) 
16/9/24(土) 今日は少し水量が落ち着いたので、雲ヶ畑と、団栗橋まで見に行きました。

雲ヶ畑は予想通り、かなりの砂利が移動しており、道路から見た感じではかなり石が埋まっておりますが、意外とアカは残っている状況でした(^_^;)

しかし最上流の猟師小屋で、2匹の鮎は確認出来たのですが、以前の様に小型鮎の群れは見え無かったので、かなり下がったのではと思います!

団栗橋では全体的にアカ飛び状態でしたが、下流の瀬方では多くの鮎が跳ねており、100匹程の群れ鮎がアカを食む姿も見えましたので、上手く残りアカを探せれば、良い釣りが出来る可能性ありますよ(^o^)

やはり今回の出水では良い感じで砂利が移動しており、良好な産卵場が出来ていると思いますので、卵と流下仔魚調査、そして何より落ち鮎漁が楽しみですね♪

それと普段は物陰に居る事が多いオオサンショウウオが、団栗橋の直下に出て来ておりました!!

写真のほぼど真ん中に写って居るのですが分かりにくいです(^_^;)
16/9/22(木) 今日は下流の調査に出向こうと思っていたのですが、まだ水位が高く、少し濁り気味だったので、事務作業をしていると、昼過ぎに組合員の中村くんが来て、渓流に入ると言うので、釣果報告をお願いしたところ、バッチリ結果を出して来てくれました♪

大きいのでも17センチ程度と思いますが、3時間でアマゴ4匹、イワナ2匹を釣って戻りました(^o^)

渓流は残すところ1週間程ですが、恵みの雨も降った事なので、また釣れた時には釣果報告お待ちしておりますm(__)m

京都賀茂川漁業協同組合

京都市北区西賀茂下庄田町4-10

TEL 075-495-3112

Copyright (c) 京都賀茂川漁業協同組合 All rights reserved. S